一重を変えたいなら

目元に触れる女性

ドクターにまぶたを任せる

自身の一重まぶたが気に入らないのなら、美容外科があるクリニックに訪れれば、二重になるための整形を受けられます。多くのクリニックでは、簡単な施術なので気軽に受けられる埋没法と、より本格的な二重にする切開法が用意されています。これらの二つは自身の希望で選べるため、両方の特徴を知った上で、ドクターにまぶたへの施術を受けましょう。まず、埋没法はいわゆるプチ整形に分類されるもので、もっとも簡易的な方法を利用すれば、施術自体は10分程度で終わるクリニックまであります。費用も安いため、多くの方におすすめができる二重になるための方法です。そして、切開法はメスを使ってまぶたの皮膚を切ることにより、二重を実現するものです。埋没法は時間が経つと戻ることがありますが、切開法の場合は一重に戻ることはほとんどありません。どちらの方法を利用するとしても、一定の期間、まぶたに腫れや痛みなどが発生します。これはきれいになるための準備として、避けられないことなので、どのくらいの機関が必要なのかドクターに聞いた上で施術を受けましょう。クリニックによって施術方法や利用する器具が違うため、ドクターに確認するのがもっとも確実です。もちろん、施術前にいろいろな質問をできる機会が要されているので、すべての不安を解消してから二重整形を受けられます。なお、施術を受けるときは、麻酔をかけてくれるため、痛みを心配する必要はありません。痛みに弱いと自認しているのなら、ドクターにお願いをしてさらに軽減する工夫をしてもらうとよいです。整形をして美しい顔になりたいと考えても、湯水のようにお金を使える方でしか受けられない施術がたくさんあります。そのため、予算の関係で医療施設の利用を断念する方もいるでしょう。しかし、二重のための整形は比較的安く、埋没法を選択すれば、両目で10万円程度で施術をしてもらえます。従って、コストパフォーマンスが高いきれいになる方法を探しているのなら、目への施術が最適です。目を少し大きくするだけなのに、顔の印象がかなり変わるため、安い金額で大きな結果が欲しい方にぴったりでしょう。ちなみに、手術の種類はさまざまな方法があるため、10万円よりも安くすることも高くすることも可能です。自分にあった目を手に入れたいならば、ドクターに最適な手術方法を相談して、理想の目の形にしてもらいましょう。なお、クリニックでは無料のカウンセリングを用意してくれているのも、二重整形を受ける上での大きなメリットです。普通、カウンセリングというものは、手術のメリットやデメリット、そして費用などを説明してもらう場所として存在しています。しかし、クリニックによっては、二重整形のカウンセリングのときに、細い針金のような器具を使って、自身のまぶたが二重になったときの状態をシミュレートしてくれます。どのようなまぶたになるのか、手術を受ける前に鏡できちんと確認できるため、目だけではなく顔全体の雰囲気もチェックしておきましょう。無料なので自分の顔に本当に二重が似合うかどうか知りたい方にも、カウンセリングの利用はおすすめです。

男性医師

自分に合った施術を選ぼう

美容整形で二重をつくることで、理想的な目元をつくることが出来ます。施術には埋没法と切開法がありますが、ぜひ自分に合った目元をつくりましょう。施術後はあまり瞼を触らず、刺激を与えないようにすることが大切です。

詳しく見る

診察

目の雰囲気を変える手術

医療用の糸を使った方法とメスを使った手術を選べる、二重整形の方法は簡単に受けられるので負担は軽いです。利用する美容クリニックを選ぶ場合は医師の能力が重要になるので、公式サイトなどを使って十分に調べる必要があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

治療で必要になる費用

簡単に受けられる二重整形の手術は2つの種類がありますが、利用するプランによって料金が違うので注意がいります。施術を受けた後のケアは医師が対応してくれるので、特に何もしなくても傷跡などの問題を解決できます。

詳しく見る