自分に合った施術を選ぼう

男性医師

施術を受ける上での注意点

目を大きくぱっちりと見せたい時、メイクだけではやはり限界があります。二重メイクの為のアイプチやアイテープなどもありますが、ずっと状態を維持することが出来る訳では無いですし、その日によって上手く二重がつくれる人そうでない日が出てきてしまいます。寝て起きた瞬間からぱっちりとした瞳を手に入れる為には美容整形がおすすめです。美容整形を受けることで、自分のイメージする瞼をつくることが出来るでしょう。くっきりとした幅広の瞼をつくりたい、目尻に近付くにつれて広がる末広型など理想の目元を手に入れることが出来るでしょう。また、施術の種類はいくつかあり、大きく分けるとメスを使用しない埋没法とメスを使った切開法に分かれます。埋没法はメスの代わりに針と糸を使用し施術を行いますが、針も糸も極細のものを使用するので、痛みが少なく、傷跡も目立ちにくくなっています。この埋没法は腫れも少なく、抜糸の必要もありません。施術後は通院する必要もないので手軽に受けやすい施術となっているでしょう。切開法は切開する範囲の違いによって全切開と部分切開に分かれます。全切開は目頭から目尻までの範囲を切開し、縫い合わせていきます。一度施術をしたところは状態を永久的に意地することが出来、埋没法の様に元に戻ってしまうことがありません。部分切開は全切開よりも少ない範囲を切開する施術です。全切開も部分切開も瞼の厚みを取る為脂肪を取り除いたりたるんだ皮膚も取り除いたりしながら施術が行えるので、腫れぼったい瞼であっても安心して施術を受けることが出来るでしょう。二重整形は埋没法であっても切開法であっても必ず腫れが出てしまいます。埋没法よりも部分切開、部分切開よりも全切開の方が腫れが強く出てしまいますが、徐々に腫れも落ち着いてくるので慌てずに冷やすなどの対策を取ることが大切です。また、施術後は瞼が敏感な状態になっているので、あまり触らない様に気を付けましょう。メイクも落ち着くまではなるべくしない方がおすすめです。お風呂は体があまりに温まってしまうと腫れが強く出てしまうこともある為、熱めのお湯に入浴をしたりせずに、施術当日はシャワー程度で済ませることをおすすめします。コンタクトをしている人の場合、数日間はコンタクトを控えることをおすすめします。眼鏡などで代用して、出来るだけ瞼には触れない様にしましょう。切開法の場合は後日抜糸があります。それまでの間は出来るだけ激しい運動なども控えることをおすすめします。近年二重整形を受ける人が増えており、魅力的な瞼を手に入れる人が多くなっているでしょう。施術の種類によってダウンタイムの期間や施術の費用が異なるので、じっくり考えることが大切です。ナチュラルな仕上がりにしたい時は、あまり二重の幅を広くしない方が良いでしょう。末広型は日本人の顔に一番合う二重の形です。自然な目元に見えるので、おすすめです。また、埋没法の場合、あまり二重の幅を広くしてしまうと瞬きをしている内に糸が緩んでしまい取れてしまう場合もあります。取れてしまうリスクを軽減する為には、あまり幅を広くしない方が良いでしょう。